事務局からのお知らせ

第12回講演会のご案内

 
新型コロナウイルス禍の続く中、厳しい毎日をお過ごしのことと存じます。

さて、弊会では下記の通り、来る2021年1月26日(火)に
オンラインにて、第12回講演会を開催いたします。
万障お繰り合わせの上、ぜひご参加くださいませ。

お申し込み方法:
ご参加希望の方は下記Peatixの「チケット」よりお申し込みください。
Peatix https://kouenkai210126.peatix.com/view

- 弊会会員のかたは「市創研の個人会員・法人会員のかた」
- 非会員のかたは「会員でないかた」
でのお手続きをお願いいたします。

※おひとり様10名様分までお申し込みできます。
※お申し込みは原則として、Peatixでお願いいたします。
 ご自身の会員・非会員のご登録状況などご不明な点や
 10名様以上でのお申し込みにつきましては事務局までお問い合わせください。
 事務局:info@shijo-sozo.org
※1アカウントごとにお申し込みください。
 お申し込みいただいていないかたへの配信URLの拡散はご遠慮ください。
 (お申し込みいただいたかたのPCなどで複数名のかたが視聴されるのを
  禁止するものではございません。)

配信URLは、お申し込み・ご入金いただいたかたに後日(2021/1/19以降)
ご案内いたします。

          ----- 記 -----

日時:2021年1月26日(火) 13:00~14:30(予定)

Zoomミーティングにて実施いたします。
※配信URLは開催1週間前(1/19)以降にお知らせいたします。

講師:戸井雅宏氏
   株式会社エビスソルーションズ CPLO
   元アストンマーティン・ラゴンダ ダイレクター

   40年間の日産自動車勤務ののち、アストンマーティン・ラゴンダ社(3年間)に
   先行商品企画・ブランド活動を移植。
   企画者として「新市場を作ること」が重要と考え、活動されてこられました。

演題:「超富裕層向けハイラグジュアリーカー・マーケットとブランド戦略」

内容:
〈市場創造型を目指すアストンマーティン 〉
アストンマーティンが創業107年で製造した車の残存率は90%。業界では類を見ない
数字です。これは同社が特殊なお客様のニーズに応えた唯一無二のクルマ作りをして
きた結果です。今回は新たに成長するハイラグジュアリー・マーケットの中で、
アストンマーティンが「統計には出てこない富裕層」のマインド調査から未充足ニーズ
を見出してグローバルなポートフォリオで"市場創造"を図った事例を紹介いたます。

〈日産でのMIP活動〉
戸井氏が前の日産時代に世に出してきた多くのSUVの原点である初代エクストレイル。
それまで自社他社購入ユーザーの満足と不満からしか企画していなかった中、
『お客様』の行動からニーズを見出した初めての車です。
この事例についてもお話しいただく予定です。
※MIP:「新市場創造型商品(Market Initiating Product)」の略で、
    消費者の「生活上の問題」を解決することによって、新市場を創造し、
    生活変化をもたらした商品(サービス)。

【戸井氏からのコメント】
ハイラグジュアリーカー・セグメント(HLS)とは、フェラーリ、ランボルギーニ、
マクラーレン、アストンマーティン、ベントレー、ロールスロイスの6つのブランド
で構成される、2000万円から数億円という高価格の車のセグメントを指します
全世界の販売台数は年間約4万台と非常に規模が小さいため、
普段の統計データには載っておらずほとんど目に触れることのない市場です。
今回の講演会では、アストンマーティンにおける3年間の商品企画経験で理解できた
このマーケットの全体像と動向、顧客である超富裕層の実態を一般の車市場との比較
を用いて分かり易く解説、また、我々が主導したアストンマーティン・ラゴンダ社の
ブランド活動と商品企画業務への落とし込みについてご説明させていただきます。

以上

どうぞよろしくお願いいたします。

《事務局》